『Kinnaree(キンナリー) Spa@Massage』に行ってみた! ナナプラザ界隈パブ・ブリーズ横のマッサージ店は健全店か?


ドレスを着た女性マッサージ師しかいないKinnnaree(キンナリー)は健全店なの?

BTSナナ駅下車、言わずもがなの大風俗歓楽地区ナナ・プラザ。ナナ交差点の前を通るスクンビット通りをアソーク駅側に向かうこと徒歩1分。大きな牛のモニュメントがある英国風パブ・ブリーズの右横にキンナリーはあります。名前こそ知らないが、この場所にマッサージ店があることを把握している読者の方は多いのではないでしょうか?ガラス張りなので受付で並んで待機するマッサージ師が丸見え。敢えてそれを見せようとしているかのような雰囲気。そして立地がバンコクで最も大規模な風俗地区に近いこと、さらには女性のマッサージ師しかいないこと(健全店には男女のマッサージ師がいることが多い)から表向きとは裏腹に不健全なマッサージを提供しているのではと勘ぐってしまうのも自然な流れでしょう。今回はそんなキンナリーマッサージ店に突撃してみました。

image189キンナリーはブリーズ(上写真)の右隣にある

 

フットマッサージが1時間500バーツと若干相場よりお高め

バンコクの市街地で、フットマッサージを受けると綺麗な店で1時間300バーツ(約900円)、若干くたびれた古い店で250バーツ(約750円)。駅で街の外れの方まで行くと200バーツ(約600円)が相場です。相場を鑑みるとキンナリーがたかがフットマッサージで1時間500バーツを提示しているのは明らかに相場より高い価格です。ナナプラザという歓楽街であることを考えても、500バーツはちょっと高い気がします。ナナプラザ自体が外国人のみを相手にやっているような店しかない地区なので、足元を見た価格設定なのでしょうか。とはいえ、ここで値段に文句を行っても調査になりません。早速入店してみると、一人でサービスを受けている男性客や二人で横並びでマッサージを受けている老夫婦など、いたって普通のマッサージ店という印象を受けました。内装もかなり綺麗な方です。

 

フットマッサージではなくオイルマッサージをオーダーすると・・・

実はこの店には何度か足を運んでいるのですが結論から申しますと・・・・フットマッサージをオーダーした時は終始健全、全身オイルマッサージ(700バーツ)をオーダーした時は不健全マッサージという流れにほぼ例外なくなることが分かりました。フットマッサージだといたって健全なマッサージが行われて終了です。それもそのはず、フットマッサージはオープンスペースに設置された大きなソファーに寝そべらされて行われますので、マッサージ嬢が客に猥褻なサービスをするのは難しいです。しかし!オイルマッサージは個室に通されます。しかもマッサージをするにあたって全裸にされます。普通ならパンツだけとか、オイルマッサージ用の恥ずかしい紙パンツを履かされることが多いのですが完全にすっぽんぽんです。そこで最初はうつ伏せになるように言われ、普通に背中と足をまんべんなくマッサージされます。そしてひと段落すると今度は仰向けになるように言われ・・・最初は腕から・・そして足と順番に股間に近い部位に手が伸びていきます。本当に際どい、それこそ袋に手が当たるのではないか(実際少し当たっていますが)位の所を上手く刺激してきます。息子が完全に出来上がると耳元で囁いてきます。
「Hand job 2000 Baht, OK?」
手コキだけで大体2000バーツ位の値段を言ってきます。しかしこれは、ナタリー等のソープランドで2500バーツ前後が相場なのを考えるとどう考えても吹っかけている値段です。ゴリゴリ交渉して500~1000バーツまで落としましょう。因みにこのお金は、マッサージ嬢が完全に店に内緒でやっている事なので、嬢に直接個室で支払い、払ったお金はそのまま嬢の懐に入ります。マッサージ代は受付で別途払うので勘違いしてマッサージ代も嬢に払わないようにして下さい。結果として二重に代金を取られる可能性があります。「マッサージ代とスペシャツマッサージ込みで〇〇バーツで良いよ」などとお金を要求してきたら要注意です。

 

マッサージ嬢を個室で抱く!

マッサージを受けているとリンパが刺激され、これ以上ないくらいの勃起を経験したことのある読者の方も少なくないのではないでしょうか?特に大腿部を体重をかけてゆっくりと押されるとよくリンパが刺激されるようです。そこに来て目の前にスタイルのいい若い女性。直ぐに抱きたくなるのも男の素直な本能ではないでしょうか。幸いにもキンナリーにはちょくちょく美人でスタイルのいいマッサージ師が在籍しています。そんな彼女達を抱くにはどうしたらよいか?
まずはオイルマッサージをオーダーしましょう。例外なく手コキを誘われますのでそこで粘り強く値段交渉です。500バーツ近くまで頑張って値下げさせます。しぶしぶオーケーしたところに本番を2000バーツで提案してみましょう。最初から2000バーツで本番を要求するより、一度交渉を経てからこの提案をするのとでは成約率が格段に違います。というのは、彼女たちは元々本番行為を目的に働いている売春婦とは違いますので、そこまでのサービスは拒否してくる娘が殆どです。(手コキはマッサージの延長で気軽に考えているのかもしれません。)そこで500バーツしか貰えないところを少し我慢すれば2000バーツも貰えるとなると、急にそのガードが緩くなることが多いです。騙されたと思って試してみて下さい。
尚、キンナリーでは客がシャワーに行っている間に財布から札が盗まれたという被害報告が出ています。シャワー、トイレに行くときには財布は肌身離さず持ち歩いて下さい。

スクムウィット通り クローントゥーイ Khlong Toei, バンコク 10110



Leave a comment

Your email address will not be published.

*