『ニャンニャンマッサージ』に行ってみた!安心日本人経営のエロ按摩店の実態は?



増えつつある日本人経営のエロ按摩店

今回はBTSプロンポン駅から歩いて5分の日本人経営のエロ按摩店『ニャンニャンマッサージ』に行ってみました。バンコクに数多くあるエロ按摩店。受付でアルバム写真から女の子を選び、マッサージを受ける中・・・お客さんと嬢が合意の上で「店の感知しないうちに」エッチしちゃいましたー!というのが建前のエロ按摩。しかしこのアルバム写真がまた曲者で、当然のことながら(?)本当に綺麗にフォトショップで加工されており、対面してみたら「全然ちげーし!」ということがちょくちょくあります(まあそこは日本のソープランドも近いものがありますが・・)。ようはお金さえ払ってもらったらもうそれでよい、お金を払わせるまでは知恵を絞るが、お金を払って貰ったあとのサービスに関してはどうでもよい・・正直そんな彼ら経営者の思考回路を端的に表している事象なのかなと思います。そんな中近年では日本人が経営するエロ按摩も増えてきました。日本人視点でのサービス教育をバンコクの風俗にも取り入れようとする勢力が存在感を増している事は我々消費者にとっては大変に好ましいことだと感じます。果たしてそのサービスに違いはあるのか??

 

開店と同時に行ったら人がいない!

管理人は普段ゴーゴーバーやテーメーで遊ぶことが多いのですが、当然これらの店は夜からオープンするため、昼は結構時間を持て余しています(勿論郊外に小旅行をする時は別ですが)。そんな中性風俗系のお店で昼頃から空いているのはソープとエロ按摩です。ソープは昼からやるにはやっているのですが、女の子があまりにも少ない(やはり女の子が揃うのは夕方以降)。そこでエロ按摩です。エロ按摩は昼間でも一定数女の子が揃っている傾向が高いです。

当日も、いつものように時間を持て余した管理人は12時の開店と同時にニャンニャンマッサージの扉を叩きました。入り口を入ると広い待合室のようになっています。中にはお茶を入れたり完全にくつろいでいる女の子が3人だけ。完全にOFFモードです。開店時間を間違えたのかと思いキョドってしまいました。流石のエロ按摩も開店と同時にお客が来ることは無いらしく、まだお客を迎える準備が整っていない様子です。管理人は3人の内の1人の嬢にハイスペックにすぐさま気が付きました。身長150センチ程でTシャツにホットパンツ姿のそのギャルは、あまりの巨乳にTシャツがパンパンになっているのです。無類の巨乳好きを自負する管理人は、その姿・形から偽物ではなくしかもGカップはあることを判断。その場でこの嬢に即決しました。これ以上ないグラビアアイドルの様な抜群のスタイルです。しかし、そもそも今いる3人の嬢が全員マッサージ要員なのかもよく分かりません。おそるおそるその巨乳嬢に「You, massage OK?」と簡単な英語で確認します。すると嬢は意味を察したのが値段表を持ってきてどのコースにするのか確認してきます。一時間2100バーツのコースを指さすと、分かったとばかりに奥の部屋に一緒に連れていかれました。どうやらこの巨乳嬢もマッサージ嬢であっているようです。

 

巨乳ロリータを個室で抱く!!

個室に入ると、タオルを渡されまずシャワーを浴びるように促されます。ソープではないので、自分で身体を洗います。そして今度は嬢がシャワー。ベッドの上で仰向けになって待っていると、嬢がタオルを体に巻きつけた格好で出来てきました。管理人の腰に巻いたタオルを取り、うつ伏せになるように促してきます。そしてゆっくりと太ももあたりから臀部にかけて指圧してくれます。これはタイ式の全身マッサージと同じテクニックでちゃんとしており、すこし驚きました。左右の足が終わると今度は左右の腕。そして背中から肩です。全身マッサージでリンパが刺激されると下半身が刺激されガチガチに勃起してしまいました。すでにインサート準備万端です。背面のマッサージが終わると今度は仰向けになるように言われます。ビンビンに勃起した下半身を見て嬢がフフッと笑いながら右手で優しく手コキ、左手で乳首を刺激しながら舐めてきます。この辺りでもう我慢できなくなり、嬢のタオルを身体から剥ぎ取りました。想像していた以上の完璧なオッパイの形に思わず感嘆の声が出てしまいます。脚色なく、本当に巨乳グラビアアイドルの様な大きさで手で持ち上げると重さを感じる程です。嬢にフェラをしてもらって直ぐに仰向けに倒します。潤滑油を大目に塗ってから正常位でイン。ヌルヌルになっているためすんなり一番奥まで入りました。正常位のまま嬢のオッパイを揉んだり吸ったり楽しみます。本当にグラビアアイドルを抱いているような感じです。直ぐに終わってしまっては勿体ないと思い、ねっとりゆっくりピストンですぐにイかないように調整します。タイの女の子は日本人のように大声を出しません。はしたないとされているのでしょうか?とにかく本当に小さな声をたまに出すが、もしくは完全にマグロ状態の娘が多い。この嬢は前者でした。20分程ファックを繰り返したでしょうか?嬢が時計を見始めたので「No time?」と聞くと小さく頷くので、最後は超マッハの高速ピストン!!!!潤滑油と嬢の液のせいで突くたびに部屋中に「ぐっちゃ、ぐっちゃ、ぐっちゃ」といういやらしい音が鳴り響きます!!嬢もさっきよりも大き目の声で「オーイ!オーイ!」と喘ぐ中、中に全放出!!えてしてロリ巨乳を抱いたのでありましたっ!!



 

講評

昼早い時間から風俗遊びをするのであれば、エロ按摩はお勧めです。しかし流石に開店と同時にいっても嬢はそろっていないかもしれません。今回はたまたま自分好みの嬢を即決できましたが、他店などいろいろ行った経験を言いますと2時以降を狙ってみて下さい。(2時には嬢がそろっています。)値段はタニヤやゴーゴーバーで遊ぶよりも余計なサービスが無いため安く上がる傾向があると思います。60分2100バーツ、90分2200バーツ、120分2300バーツです。今ならプロモーションとして40分1500バーツのコースもあるようです。安い!また、合言葉「ニャンニャン」を受付で唱えるともれなく100バーツ割り引きになりますので恥ずかしがらず必ず「ニャンニャン」と唱えましょう!ニャンニャンマッサージは日本人オーナーの店で、店内のいたる所に「所属嬢のサービスに疑問を感じたら遠慮なく日本語で電話をして下さい」という掲示があり、顧客対応がしっかりしていることが伺え安心できます。(勿論そのような苦情を受ける事態にならないように嬢にサービスの教育も徹底しているようで、対応にいい加減なところがありませんでした。)このような優良な店舗の存在がバンコクのエロ按摩業界全体のサービスを底上げしていくことに期待をしつつ今回は筆をおくことにします。

 

ニャンニャンマッサージ
9/5 Sukhumvit 33, Sukhumvit Rd.,
Klongton-Nua, wattana, bangkok 10110
Tel:02-260-7817
HP:http://nyan2massage.net/index.htm

ニャンニャン



Leave a comment

Your email address will not be published.

*