日本人と中国人の違い? 勤務中でも平気で寝る店員に唖然 大連・カルチャーショック編(2)


勤務中に平気で寝る店員

中国では客足が途絶えると露骨に寝だす定員が少なくありません。日本じゃあり得ない事ですが、中国では普通なのでしょう。大連に到着した初日深夜、小腹がすいたので日航ホテル近くの深夜まで営業している食堂に入りました。勿論夜中ですので客も殆どおらず、店も暇をしているのは分かるのですが、店員が完全に寝ていたのには唖然としました。その時にはさすがにこの店がたまたまだったのかな?と思ったのですが、帰りに立ち寄ったコンビニであり得ない光景を目にしました。それは店の隅っこに段ボールを敷いてその上にまるで寝床で寝るかの様に完全に仰向けになって寝ていた(←その撮影に成功された方のブログに飛びます)のです。営業中のコンビニですよ?しかもこの店だけではなくもう一軒立ち寄ったのですが(というのは大連ではキンキンに冷やしたビールが売ってないことが多く、冷蔵さえたビールを探したためコンビニをハシゴした訳です)そこでも全く同じ光景を目にしました。どちらも店員が2人おり、一人が完全に仰向けになっている状態でした。奥の従業員用休憩室で寝そべるなら分かりますが、完全に売り場の隅で寝そべっていますからね・・・。(こちらは流石に気が引けて写真に収めることは出来ませんでしたが・・・。)同じ中華圏の台湾では見たことが無い光景でした。流石にこれにはショックを受けざるを得ませんでした。因みに、どうやら深夜だけでなく昼間でも客足が少ないときは店員が完全リラックスモードに入ることが珍しくないということが翌日に昼食時分かりました。3時ごろ空いている時間に遅い昼食をとろうと天天漁港(過去記事参照→海鮮レストラン『天天漁港』に行ってみた!)に行ったのですが、こちらでも受付店員が完全に寝そべっていました。おそらくこれは客商売に対する姿勢が日本とは全く違うことに起因するのではと思いました。中国ではお客様は神様という感覚はあまりないようです。

image168深夜日航ホテル近くの食堂に・・・誰もいない・・・ image166店員は完全に爆睡中だった・・・店内を徘徊していると
事態を見かねた料理人が厨房から出てきて注文を取る image169注文した海鮮麺は約150円程 あっさりとした味わい image167翌日訪れた『天天漁港』 昼でも寝そべる店員が・・・

【ご報告】皆様の1クリックが記事更新頻度を早めます!! 当サイトは広告収入のみにより運営しています。売上金は主に取材のための航空券代として使わせて頂いております。ランキングサイトで上位になればなるほど早く航空券代が貯まりますので新記事の追加を早めることが出来ます。どうぞ皆様の1クリックをお願い致しますm(_ _)m

にほんブログ村 大人の生活ブログ 海外ナイトライフ情報(ノンアダルト)へにほんブログ村


Leave a comment

Your email address will not be published.

*